S M L

 

イベント・その他 掲示板・新着情報

公演情報 掲示板・新着情報

掲載シナリオ公演情報 掲示板・新着情報

演劇求人・新着情報

スポンサード リンク

ワークショップ掲示板・新着情報

返信する: 北信越・東海



オプション

参照

『まつもと演劇工場』第5期生募集
投稿者: 松本市芸術文化振興財団 投稿日時: 2016/5/21 15:05
『まつもと演劇工場(シアターファクトリー)』は、まつもと市民芸術館を拠点に、地域に暮らすわたしたちが、わたしたちの演劇を探し、わたしたち流の方法で創り上げてみようという企画です。

ワークショップから作品発表までのプロセスを、様々な舞台ジャンルの講師や専門家と共有し、関わる全ての人々が考え、動き、思い描いて、わたしたちの劇場表現を生み出します。

いよいよ6年目を迎えるこのプロジェクト。毎年変化を続ける今年のシアターファクトリーではどのような作品(プロダクト)が生み出されるのでしょうか。大量生産をする工場ではなく、手仕事で一つ一つを作り上げる工房のような場で、アナログだけれどちょっと新鮮、大変で、面白い半年間を一緒に経験してみませんか?
演劇や表現に興味がある方は誰でも大歓迎。わたしたちの“劇場”を探す旅へ、さぁご一緒に!


【スケジュールと内容】
1. なんだろうを探す・楽しむ ― 2016年9月~12月
劇場ってなんだろう。舞台ってなんだろう。表現ってなんだろう。私ってなんだろう。いろんな何だろうを演劇・ダンス・音楽などの講師と一緒に、ワークショップを体験しながら探していきます。
<日程> 9月~12月の指定の金・土・日曜日
※平日は19:00-21:30、土日は13:00-21:30
※上記日程の中で、各グループに分かれたワークショップを行います。

2. 作品を創造する ― 2017年1月~2月
プロのスタッフと共に公演創りの開始です。ワークショップで経験したことをもとに、公演のための物語(ストーリー)と場面(シーン)を創っていきます。色々なことを試してみて、ああでもないこうでもないと、自分たちの表現を模索しながら作品を組み立てます。また、内容にそって、出演者・舞台スタッフを決定し、舞台衣裳や小道具なども製作していきます。
<日程> 1月~2月の金・土・日曜日
※平日は19:00-21:30、土日は13:00-21:30

3. 表現に向かう ― 2017年3月
自分たちで作り上げた場面(シーン)を繋ぎ合わせ、劇場空間で稽古し始めます。作品のカタチがだんだん鮮明になってきて、スタッフワークも佳境をむかえます。
<日程> 3月毎日
※平日は19:00-21:30、土日は13:00-21:30

4. いよいよ見せる ― 2017年3月末(予定)
一緒に創った演劇工場の完成品お披露目です。一緒に公演を創り上げる歓び、演じる楽しみを分かちあいましょう。

会場:まつもと市民芸術館 スタジオ、小ホール ほか


【講師陣】
工場長/加藤 直
監 修/串田和美
ワークショップ講師/加藤 直(演劇) ほか

<過去の講師>
山田うん(ダンス)、大石哲史(歌唱)、泉 忠道(ボイストレーニング)、関根真理(音楽)、結城孫三郎(人形遣い師)、金井ケイスケ(サーカス)、太田雅公(衣裳)、島 次郎(美術) etc…

今年も様々な舞台芸術の講師があなたをお待ちしてます!


【応募について】
募集期間:2016年7月1日(金)~ 9月1日(木)

締切: 2016年9月1日(木)必着 ※9月1日以降にご応募される場合はご相談ください。

募集人数:15名(新規参加者) ※参加人数は継続者を含めて30名程度の予定です。

受 講 料:60,000円(分割払い可能)


【参加条件】
演劇経験問わず、どなたでも大歓迎です。
ただし、作品制作・稽古には、可能な限り全日参加できること。


応募方法や詳細はこちら
http://www.mpac.jp/news/16745.html

※2016/6/11追記:
募集期間および締切日を追記しました。