S M L

キャンペーン

スポンサード リンク


アルバムトップ : 公演情報2010 :  源氏物語×大黒摩季songs 大黒摩季と紫吹淳の対談

[<     12  13  14  15  16  17  18     >]

源氏物語×大黒摩季songs 大黒摩季と紫吹淳の対談
源氏物語×大黒摩季songs 大黒摩季と紫吹淳の対談高ヒット
投稿者管理人A管理人A さんの画像をもっと!   前回更新2010/10/25 18:22    
ヒット数2946  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)
「源氏物語×大黒摩季songs~ボクは、十二単に恋をする~」

10月27日(水)からいよいよ銀河劇場にて上演される、「源氏物語×大黒摩季songs〜ボクは、十二単に恋をする〜」。
10月15日(金) 陣中見舞いとして、突然稽古場に現れた大黒摩季さん(写真左)。紫吹淳さん(写真右)は大黒摩季さんと今回が初対面となる。
マスコミへの会見後、お二人の夢の対談が実現致しました。


永遠の恋愛バイブル『源氏物語』を元宝塚歌劇団月組トップスター紫吹淳演じる絶世の美青年・光源氏と恋愛ソングの神様・大黒摩季の音楽が現代に蘇らせる壮大なミュージカル・コメディ!

———大黒摩季さんの楽曲がミュージカルに使われることについて
大黒「公の場で自分の楽曲を他の方が歌ってくださることがあまりないですし、しかもミュージカルに使われることは初めてなので、すごく嬉しいですね」
紫吹「歌詞が素晴らしいですよね。飾り立てないリアルな言葉が胸にズキューンくるんですよ。よっぽど凄い恋愛をされたてきたんだろうなって、共演者の中澤さんと話してました」
大黒「恋愛経験はそれほど多くはないですよ。ただアーティストとしては、数ではなくひとつを深く見つめてきましたから。それに、これまで味わってきた恋愛の痛みや苦しみに感謝してます。それがなかったら幸せになってないから(笑)」

———時代を超えても愛され続ける『源氏物語』について
大黒「実は男と女の恋愛は進化してなくて、言葉が変化しただけのこと」
紫吹「たしかに魂の部分は平安も現代も変わらないのかもしれない。だから人間にとって大切なラブは永遠に変わらない」
大黒「それに人間って体は衰えてくるけど精神は熟していくから、大人になるともう少し濃いところに何かを求めるようになる。だから深い恋愛が描かれている『源氏物語』に手を伸ばしていくんでしょうね」
紫吹「そうですね」

———大黒摩季さんが『源氏物語』に夢中になったことについて
大黒「歌詞を創作する時に、妄想を具現化する方法として語彙が必要だと思って、日本語を追求するうちに、古文に行き着いたんですよね。古文って感情の表現方法が豊かで、好きとも愛してるとも言わずにその感情を表現する。それが日本語の美学だと思うんですよ。曲作りも同じで、好きとかアイラブユーを単純に歌ったら負けだなと(笑)」
紫吹「へぇ」
大黒「それに正面から好きって言わない紫式部の斜め目線が私と似てるんです。だからハマったんですよね(笑)」

———女性が演じる光源氏について
大黒「女性が演じる男性って、男性が忘れてる男性を演じてくれるからグッとくるんだよね」
紫吹「女性が考える理想の男性を作り上げてるところがありますからね」
大黒「現実にはいないですよね」
紫吹「いないですね」
大黒「だからこそ、デフォルメした男性像を世の男性に見せてあげるべきなんですよ」
紫吹「でも光源氏像って、それぞれがイメージを持ってるじゃないですか。だから大黒さんの持っている光源氏像を裏切らないようにしたいとは思いますよね」
大黒「大丈夫ですよ。私が舞台を観に行く時は、一般の方と同じ目線で、作り手の思うように泣いたり笑ったりするようなピュアな気持ちで臨みますから(笑)。楽しみにしてます」

———光源氏の人物像について
大黒「あんなバカ男いないでしょ(笑)。紫式部からすると光源氏は良い意味で悪い男ですからね。一人の女性に決められないプレイボーイとして描いているわけですし」
紫吹「たしかに光源氏はひどい人だなと思うけど、演じている時はそう思わないんですよね。ただ愛がほしいだけで悪気はないという光源氏の感情がひしひしと伝わってきて」
大黒「無鉄砲な人って、“会いたかったんだもん”“好きなんだもん”そういう単純な感情だけで行動するところがありますよね。それって色々考えて準備する人たちの想像を軽く超えていくんですよ」
紫吹「だから演出家の岡本貴也さんには、誘う芝居をしちゃダメって言われてます。素直でいるだけ。そしたら勝手にモテちゃうっていう(笑)」
大黒「一度、光源氏になってみたいな。策を練らずに奇跡的に策を練ったような行動を取ってしまうラッキーな星のもとの人に(笑)」

———ロックで作り上げるミュージカルについて
紫吹「ロックってカッコイイですよね。『源氏物語』とロックがコラボって一見『えっ』て思うんですけど、それがいいマッチングなんですよ」
大黒「ロック自体の動機が不純だからね。元々ロックやる人の動機なんてモテたい、目立ちたいってところですから(笑)。そういうところが『源氏物語』に合ってるんじゃないかな」
紫吹「ただ大黒さんの音域が広いので、男役の低い声で歌うのはかなり苦労してますけど(笑)」
大黒「紫吹さんが低い声で歌っている私の曲を、ぜひ聴いてみたいですね」

———最後に大黒摩季さんから紫吹淳さんに激励の一言
大黒「大黒摩季は自分の楽曲の中に大黒摩季をすべて出しているんで、あとは自由にやってもらってけっこうです(笑)。変わるなら徹底的に変えて、私に夢を見せてもらいたいので。舞台上で自由に羽ばたいている紫吹さんの姿を観る時を楽しみにしてます」
紫吹「あの、一言いいですか?」
大黒「どうぞ」
紫吹「大黒さんが男だったらよかったのに」
大黒「それ、よく言われる(笑)」


「源氏物語×大黒摩季songs~ボクは、十二単に恋をする~」 | 演劇ニュース
チケット

[<     12  13  14  15  16  17  18     >]