タグ「ラジー賞」 の検索結果(1/1)

2014年3月 2日

第34回ゴールデン・ラズベリー賞

最悪の映画や俳優を選ぶ第34回(2013年)ラジー賞の授賞式が1日に行われ、「ムービー43」が最低映画賞など3部門を制しました。

2014年1月21日

2013年ワースト映画

「映画芸術」ワーストテン、「映画秘宝」HIHOはくさいアワード、「TIME」ワースト映画。
各誌の2013年映画ワーストテンが発表されています。

2013年2月24日

第33回ゴールデン・ラズベリー賞

最悪の映画や俳優を選ぶ第33回(2012年)ラジー賞の授賞式が23日に行われ、「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2」が最多7部門を制しました。

2013年1月21日

2012年ワースト映画

今年も各雑誌による映画ワースト10が発表されています。

2012年4月 2日

第32回ゴールデン・ラズベリー賞

最悪の映画や俳優を選ぶ第32回(2011年)ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)が発表。
「ジャックとジル」が全10部門を制覇する快挙を成し遂げました。

2012年1月23日

2011年ワースト映画

「映画芸術」日本映画ワーストテンに三谷幸喜監督「ステキな金縛り」が選ばれました。
その他、第8回報知蛇いちご賞、2011年度HIHOはくさいアワードなど。

2011年3月29日

2010年ワースト映画

HIHOはくさいアワード、「映画芸術」2010年日本映画ワーストテン、第7回報知蛇いちご賞。

2011年2月27日

第31回ゴールデン・ラズベリー賞

最悪の映画や俳優を選ぶ第31回(2010年)ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)が発表されました。

2010年3月29日

2009年ワースト映画

映画雑誌「映画秘宝」の「トホホ10」「HIHOはくさい映画賞」、エンパイアの最低映画など。

2010年3月 7日

第30回ゴールデン・ラズベリー賞

アメリカで最悪の映画や俳優を選ぶゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)が、発表されました。

2009年2月22日

第29回ゴールデン・ラズベリー賞

最悪の映画や俳優を選ぶゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)が、22日に発表されました。

2008年2月24日

第28回ゴールデン・ラズベリー賞

米アカデミー賞の発表に先立ち、
最悪の映画や俳優らを選ぶゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)が、23日に発表されました。

2008年2月21日

2007年文春きいちご賞

週刊文春(文藝春秋社)主催の2007年文春きいちご賞が発表されました。

2007年2月26日

第27回ゴールデン・ラズベリー賞

24日、最悪の映画や俳優らを選ぶゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)が発表されました。

2007年1月23日

2006年文春きいちご賞

アメリカの最低映画を決めるラジー賞をもじって作られた同賞の日本版、
週刊文春による「第3回文春きいちご賞」が発表されました。

2006年3月 5日

第26回ゴールデン・ラズベリー賞

3/4、米アカデミー賞発表に先だって
最悪の映画や俳優らを選ぶゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)が発表されました。

2005年2月28日

第25回ゴールデン・ラズベリー賞発表

第77回アカデミー賞も発表されましたが、
2/26には、最低の映画や功績に対して贈られるラジー賞が発表されました。

2005年1月30日

2004年文春きいちご賞

アメリカの最低映画を決めるラジー賞をもじって作られた同賞の日本版、
週刊文春による2004年「きいちご賞」が発表されました。