「ピアノピア」登録カテゴリー

ピアノピア

舞台上の役者が、役を演じつつ本物のグランドピアノを演奏し、音楽と演劇を深くリンクさせた独特の作品。

ピアノピア 著者名 大矢場智之
所属 インパラプレパラート
初演 2009年11月19日~11月23日(中野ザ・ポケット)
上演時間 120分
 
スタイル ミュージカル/音楽劇
ジャンル ファンタジー・メルヘン/人間ドラマ/歴史・戦争/コメディ/家族/恋愛/青春/不条理/SF/悲劇
登場人物 15人程度(男女半々程度)
読書方法 公開しています
上演方法 上演する際は必ずご連絡ください。
あらすじ 物語の主人公は、西暦1700年代に生まれた1台のピアノ。
人から人へ、次々と所有者を変えるピアノの周りで、様々な出会いと別れ、喜びや悲しみが、ピアノそのものを演じる女優の語りによって“ピアノの目線”で展開する。
人間の営みを500年に渡って見守りつづけたピアノの一生を、優しく心に染みいる音楽とともに綴る叙情詩。

★わかりやすく演じやすいストーリーですので、中学演劇・高校演劇・大学その他アマチュア演劇サークルの上演におすすめです。
セットはピアノ1台でOK。
衣装も白と黒の集めやすい服だけで可能です。(参考:http://impara.b.la9.jp/about%20us.htm
また、キャスト数も工夫次第でいくらでも変更可能です。

★下記の団体様が本作を上演されました。
・2017年3月 演劇フェスティバル2017(関西学院大学 劇研究部劇団狸寝入、関西学院大学と神戸女学院大学 合同ミュージカルサークル SOLE and EDC)様
・2015年3月 くるめ市民劇団 ほとめき倶楽部様
・2016年1月 都立小石川中等教育学校 演劇部様

★本作が2011年の世田谷パブリックシアター/シアタートラム・ネクストジェネレーションに選出されました。(https://setagaya-pt.jp/theater_info/2011/02/post_212.html

★演劇の全国誌『演劇ぶっく』4月号(2011年3月9日発売)に、本作の特集記事が掲載されました。

★演劇ポータルサイト『CoRich舞台芸術』にて、多くの好評をいただきました。(http://stage.corich.jp/stage/24284/done

戯曲を読む
Q&A / 上演許可のお問い合わせに当たって
お問い合わせ

Produce by Theater League