「時をかける少女」登録カテゴリー

時をかける少女

筒井康隆原作の名作青春ラブストーリー。

オリジナルの原作に限りなく近い1972年を舞台に、全編にCGマッピングを駆使し、舞台美術を最小限にしたエンターテインメントあふれる舞台となっています。

landsidelandside 著者名 髭和久
所属 劇団時乃旅人
初演 2017年11月17日〜19日大阪梅田HEPHALL
上演時間 110分
   
スタイル ストレート
ジャンル 恋愛/青春
登場人物 男6名、女10名 ただし一部掛け持ちも可
場所、時代、対象、言葉など特記事項 舞台は東京となっていますが、大阪と解釈しても大丈夫
時代は1972年高度経済成長真っただ中。
日本語です
読書方法 本で個別販売
希望があり次第受注にて台本を正本いたします。

また、内容の一部をご希望の方は有料にてテキストをメール送付いたします。

台本の一部閲覧データ:500円/回
戯曲の価格:台本2,000円/冊
上演権許可にあたりの費用:全入場収入の10%

上演方法 舞台化にあたり、原作者である筒井康隆氏の許諾および日本著作権協会の許諾が事前に必要になります。

特殊なスタイルの舞台を前提に書かれた台本なので、舞台化にあたっては、著者である髭和久のアドバイザー参加を必須とし、また、舞台上の美術等にも髭和久の指示する形での上演が必須となります。

アドバイザー参加費用は都度相談

補足:特殊な舞台のため、スタッフについては基本的にこちらの指示する方あるいは同等の技術のある方の参加が必要です

あらすじ ある土曜日の放課後、理科の実験室で、不思議な薬品の臭いをかいだ高校生の芳山和子は、時間を移動する能力に目覚める。

その薬品は、未来から現代にやってきた青年、深町一夫(ケン・ソゴル)が自分の時代に戻るために作りかけていた薬品だった。

ラベンダーの香りのする不思議な薬とタイムリープをテーマに、美しくも切ない禁断の青春ラブストーリーが幕を開けます。

Q&A / 上演許可のお問い合わせに当たって
お問い合わせ

Produce by Theater League