2020年10月13日

■「大地(Social Distancing Version)」WOWOWで放送

大泉洋・山本耕史出演。三谷幸喜演出。
PARCO劇場オープニング・シリーズ「大地(Social Distancing Version)」がWOWOWで放送されます。


 
PARCO劇場オープニング・シリーズ「大地」は、三谷幸喜の書き下ろし作品。
6月20日から上演予定でしたが、コロナ禍のため「Social Distancing Version」に変更。
そのため、初日を7月1日に遅らせ上演し、休場となっていたPARCO劇場の劇場再開第1弾作品となりました。
 
「Social Distancing Version」について、三谷幸喜曰く、
「舞台上での俳優の濃厚接触を限りなく避け、俳優同士は常に距離を取って演技。
それによる不都合を不都合に終わらせずに、より豊かな演劇表現に昇華させる。
それがSocial Distancing Versionです。
要は、面白さのポイントがひとつ増えたとお考え下さい。」とのこと。
 
 
ストーリー
舞台はとある架空の国家、反政府主義のレッテルを貼られた俳優たちの収容施設。強制的に集められ、自由を奪われた彼らを何よりも苦しめたのは、“演じる”行為を禁じられたことだった。役者としては三流だが面倒見のいいチャペック(大泉洋)、映画スターのブロツキー(山本耕史)、女形のツベルチェク(竜星涼)、大御所舞台俳優バチェク(辻萬長)、世界的パントマイマーのプルーハ(浅野和之)、大道芸人のピンカス(藤井隆)、演出もする正義漢のツルハ(相島一之)、そして演劇を学ぶ学生ミミンコ(濱田龍臣)ら8人の俳優たちは、政府の監視下で広大な荒野を耕して毎日を過ごしていた。
ある日、ミミンコの恋人ズデンガ(まりゑ)が、女性専用の収容所にいることを知った一同。指導員のホデク(栗原英雄)や政府役人のドランスキー(小澤雄太)の目を盗み、恋人たちを会わせようと計略を練るが…。
 
「大地(Social Distancing Version)」は、
2020年10月24日17時、11月7日16時よりWOWOWライブにて放送。
 
▼10/24 17:00~ WOWOWライブ
▼11/07 16:00~ WOWOWライブ
PARCO劇場オープニング・シリーズ「大地(Social Distancing Version)」
上演:2020/7/1~8/8 PARCO劇場(東京)
   2020/8/12~8/23 サンケイホールブリーゼ(大阪)
作・演出:三谷幸喜
出演:大泉洋/山本耕史/竜星涼/栗原英雄/藤井隆/
   濱田龍臣/小澤雄太/まりゑ/相島一之/浅野和之/辻萬長
 

 

今月のテレビ・雑誌・CD・DVD情報

「「大地(Social Distancing Version)」WOWOWで放送」奥付

Posted: 2020年10月13日 08:40
Category: TV, 舞台
Tags: , ,
prev:
next: