「Dogs 7days」登録カテゴリー

Dogs 7days

舞台は郊外にある動物愛護センターです。
野良犬として愛護センターに連れてこられた9匹の犬の物語です。
殺処分が迫る9匹の犬の7日間を描いてあります。

no image 著者名 渡辺かずのぶ
所属
初演 2011年9月22日~9月25日
上演時間 90分
   
スタイル ストレート
ジャンル 人間ドラマ
登場人物 9人
場所など特記事項 場所は動物愛護センターの檻の中です。
現代劇です。
若い犬から老いた犬まで出てきますので、どんな年齢の俳優さんでも演じることが出来る作品です。
※セリフの変更などはご相談に乗ります。
読書方法 公開しています
上演方法 9匹の犬が入ることになる檻のセットを組んでいただければ、あとは素舞台に近い形で上演することが出来ます。
セットを組むのがきつい場合は、鉄格子の入り口の扉だけご用意いただければ上演可能です。
セット代があまりかからないことと、9人の出演者が上演中、大半出演していますので、脇役というものがなく、楽しく(テーマは重いです)が演技していただけます。
詳細はお問い合わせください。
あらすじ 舞台は郊外にある動物愛護センター
何もわからず施設に連れてこられた9匹の犬たち。
彼らはだんだんと自分たちが置かれている立場がわかってくる。
最後の日まで7日間と知った時、彼らは何を思い、何を愛し、何が悲しいのかを語り始めます。
たまには怒りも恨みも込めて……
9匹の犬たちが壮絶に戦い抜いた記録
彼らは最後に何を思って旅立ったのか
 
 
類似の作品がありますが、こちらの「Dogs 7days」が原作になります。原作者が原稿を提出していますので、ご安心ください。

犬たちが主人公で、人間は一切出てきません。
俳優が犬を演じるということに抵抗があるかもしれませんが、着ぐるみなどを使用せず、生身の人間の姿で演じます。
お客様の想像力で、この9人の俳優たちは犬なのだと認識してもらう演劇的な効果を狙っています。
上演歴は、二度あり、お客様から好評をいただいている作品です。

戯曲を読む
Q&A / 上演許可のお問い合わせに当たって
お問い合わせ

Produce by Theater League