「夏の日の陽炎」登録カテゴリー

夏の日の陽炎

戦時下の人々の日常を描いた、笑いあり、涙ありの物語。戦争劇というと、重い、暗い、辛いという、イメージが付きがちですが…抗いようもない大きな力の渦に巻き込まれた時代を、笑って泣いて、怒って耐えて、また笑って、健気に生きた人間臭い人たちのお話です。

夏の日の陽炎 著者名 横浜 劇団麦の会
所属 横浜 劇団麦の会
初演 1999年5月
上演時間 100分~120分
   
スタイル ストレート
ジャンル コメディ/人間ドラマ/家族/青春/戦争/悲劇
登場人物 男4〜5名、女5〜7名
読書方法 公開しています
上演方法 お問い合わせください。
台本の変更等は、ご連絡ください。
あらすじ 終戦直前の片田舎、空襲警報が鳴る中、防空壕へと急ぐ人々。その中に見知らぬ一人の男が現れる。どことなく。のんびりとした空気の流れるこの街にも、戦争の影は忍び寄って来ていた。戦地の兄に届くように、ピアノに向かう乙女、その乙女に恋心を抱く青年。母が妻がそれぞれの思いを胸に、たくましく生きた人々を等身大で描きます。大きな戦争の波が人々の人生を翻弄します。泣いて、笑って、立ち上がって!
戯曲を読む
Q&A / 上演許可のお問い合わせに当たって
お問い合わせ

Produce by Theater League