「ルナとテラ(過去と未来の真ん中物語)」登録カテゴリー

ルナとテラ(過去と未来の真ん中物語)

逆行性健忘は「過去の記憶」、前向性健忘は「未来の記憶」を亡くす症状だそうです。
では、過去と未来の分かれ道(境目)はいったいいつでしょうか?
月と地球、男と女、過去と未来・・・境目はいつもあやふやな気がします。
たった15分の、ちょっと不思議なお話です。感覚で楽しんでいただければ幸いです。

ルナとテラ 著者名 横浜 劇団麦の会
所属 横浜 劇団麦の会
初演 2015年「秋の大収穫祭」にて上演
上演時間 15分
   
スタイル ストレート
ジャンル ファンタジー/メルヘン/不条理/SF
登場人物 ルナ(女・17歳)、テラ(男の子のような女・17歳)
場所、時代など特記事項 森の中、現代
読書方法 公開しています
上演方法 お問い合わせください
あらすじ ルナは80分しか記憶がとどまらない前向性健忘症。
亡くした記憶の出発点(記憶の終点)を求めて旅をしています。
そのルナがテラと出会って、いよいよ亡くした記憶の出発点を見つける時のお話です。
探し物は見つかりましたが、さらに謎は深まるばかり・・・旅の終わりは旅の始まり。
戯曲を読む
Q&A / 上演許可のお問い合わせに当たって
お問い合わせ

Produce by Theater League