「葛藤裁判〜キミのコトがダイスキだからボクは唄う〜」登録カテゴリー

葛藤裁判〜キミのコトがダイスキだからボクは唄う〜

ストーカー男も裏を返せば、相手の事が純粋に好きなんです。行動が過剰になってしまっているだけで。
好きという思いはとっても綺麗でぼくには美しく思えます。
全てのストーカーに愛を。

葛藤裁判 著者名 工藤大嘉
所属 黒虹サンゴ
初演 2017/1/28-29 kaztouプロデュース公演「キミのコトがダイスキだからボクは唄う〜」@演劇アジトkaztou
上演時間 約45分
   
スタイル ストレート
ジャンル コメディ/人間ドラマ/恋愛/青春
登場人物 5人
読書方法 公開しています
上演方法・条件 上演条件は自由。上演の際はお問い合わせください。
(公演の全体収入の5%を作者に振り込み。)
あらすじ ‐原告‐
「私なんて世界に必要ない」
人と関わるのが苦手で、自分の世界に閉じこもりがちな女
‐被告‐
「キミのコトがダイスキ」
原告のことがダイスキで、ストーカー行為に走ってしまう男

‐粗筋‐
ストーカー被害に遭い精神的ストレスから喫煙をはじめ、肺ガンになってしまった余命3ヶ月の女
女は自分の死の原因となったストーカー男への憤りから裁判を起こす
そして裁判で勝訴してから数週間後、ストーカー被害に遭う事は無くなったが女はどこか寂しさを感じていた
なんなんだろう、この気持ちは?

その頃、男はある計画を立てていた
女を死に追いやってしまった罪悪感から

キミのコトがダイスキ
ただそれだけ
それだけなんだ

戯曲を読む
Q&A / 上演許可のお問い合わせに当たって
お問い合わせ

Produce by Theater League