殺す

「殺す」(ころす)

演劇界で「殺す」は、「物を固定すること」や「生かさないこと」を表します。

最も頻繁に使われるのは、
物が動かないように「動きを殺す」という場合ではないでしょうか。
釘やロープなどを使い、舞台セットや道具、照明などを固定することです。
照明やセットが、落ちたり倒れたりしたら舞台は台無しですし、
危険な事故にも繋がりますので、
現場では「そこ殺しとけ」「ちゃんと殺せよ」などと、物騒な言葉が飛び交います。

また、演技上において勝手な動きや変な芝居をすると
「殺している」と言われます。
他の役者を殺している、芝居を殺している、といった意味合いですね。

他にも「マイクを殺す」「照明を殺す」など、
「殺す」は様々な場面で使われる多義語です。
どれもなんとなく意味がわかるものの、物騒な言葉ですが、
舞台は皆の力が集まってできる総合芸術なので、
1人、1つのミスがすべてを壊してしまう、
そういった厳しさの中から生まれた言葉かもしれませんね。

ちなみに、公演終了後の舞台セットの片付けのことは「ばらす」「ばらし」と言います。
こちらも物騒な表現ですが、
演劇界ではよく使われますので覚えておいてくださいね。


「殺す」奥付

  • Posted : 2008年8月 1日 17:37
  • Prev : « コロシアム
  • Next : 壊れ物 »
  • Category : 裏方 | 舞台・演劇用語 | シアターリーグ