S M L

 

イベント・その他 掲示板・新着情報

公演情報 掲示板・新着情報

掲載シナリオ公演情報 掲示板・新着情報

演劇求人・新着情報

スポンサード リンク

ワークショップ掲示板・新着情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012(第9回)

  • 新規投稿
  • この掲示板ではゲスト投稿が許可されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/1/6 15:50
ゲスト 
世界に先駆けてデジタルシネマによる才能ある映像クリエイターの発掘・支援に取り組んできました「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」(主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会ほか)は2004年よりスタートし、本年で第9回目を迎えます。

2011年は初の秋開催として話題を呼びましたが、本年2012は、例年通りの開催時期である7月・夏開催を予定しております。

本日(1月5日)より、長編・短編コンペティション部門の作品募集もスタートいたしました。
より多くの若手クリエイターのみなさんからご応募いただきたく、貴媒体にて情報掲載いただけますよう、お願い申し上げます。

●映画祭2012 開催日程決定!
 〔2012年7月14日(土)?22日(日) 9日間〕

●長編・短編部門コンペティション作品募集開始!
 〔応募締切:2012年3月1日(木)必着〕

 ・長編部門(国際コンペティション)
   デジタルによる撮影・編集ならびにデジタル上映が可能な70分以上の作品を世界中から募集します。
 ・短編部門(国内コンペティション)
   国内制作作品に限定して、世界に活躍の場を広げることを目指し、
   将来的に商業作品制作を志す若手クリエイターの作品を募集します。
   デジタルで撮影・編集・上映が可能な15分以上30分以下の作品とします。

●映画祭ホームページ、リニューアルオープン
 〔http://www.skipcity-dcf.jp/〕

●SKIPシティDシネマプロジェクト(映像関連施策)
   本映画祭にエントリーされた良質な作品の劇場公開を支援し、
   若手クリエイターがビジネスチャンスを広げていくことを目的とした
   「SKIPシティDシネマプロジェクト」により、クリエイター支援を強化しています。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012/7/23 20:29
ゲスト 
7月14日(土)より9日間に渡って開催しておりました「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012」は、
22日(日)に大盛況のうちに無事全会期を終えました。

最終日には各賞が発表され、長編部門(国際コンペティション)にノミネートされていた中野量太監督『チチを撮りに』が「監督賞」、「SKIPシティアワード」をW受賞しました。
さらに、SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザが推進する若手映像クリエイター育成のための上映支援事業KIPシティDシネマプロジェクト第3弾作品に選出され、2013年に劇場公開が決定いたしました。今後、中野量太監督のさらなる活躍が期待されます。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012

▼長編部門(国際コンペティション) Feature Length Competition
最優秀作品賞:『二番目の妻』(2012年/オーストリア/93分)監督:ウムト・ダー
監督賞:中野 量太 『チチを撮りに』 (2012年/日本/74分)
脚本賞:『旅の始まり』 (2011年/オランダ/82分) 監督:マルヒン・ロハール
審査員特別賞:『ノノ』 (2011年/フィリピン/115分) 監督: ロメル・トレンティーノ
SKIPシティアワード:『チチを撮りに』 (2012年/日本/74分) 監督: 中野量太

▼短編部門(国内コンペティション) Short Length Competition
最優秀作品賞:『ユメのおと』(2012年/日本/25分) 監督:角川裕明
奨励賞:『小さなユリと 第一章・夕方の三十分』(2011年/日本/26分) 監督:和島香太郎
奨励賞:『トゥルボウ』(2012年/日本/19分) 監督:多田昌平
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

  条件検索へ