S M L

キャンペーン

スポンサード リンク


アルバムトップ : news :  中村勘三郎「俊寛」をWOWOWで放送

[<     1072  1073  1074  1075  1076  1077  1078     >]

中村勘三郎「俊寛」をWOWOWで放送
中村勘三郎「俊寛」をWOWOWで放送高ヒット
投稿者管理人A管理人A さんの画像をもっと!   前回更新2011/12/6 16:51    
ヒット数3402  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)
鹿児島市からフェリーで3時間半、人口約120人の硫黄島の海岸で行なわれた、中村勘三郎の歌舞伎公演を本格復帰後初めて放送する。演目「平家女護島 俊寛(へいけにょごがしま しゅんかん)」は、平安時代、俊寛僧都が流刑となった最果ての島「鬼界ヶ島」が舞台の物語。硫黄島は、その「鬼界ヶ島」だと考えられており、俊寛が暮らした痕跡も見つかっている。物語の“本当の舞台”での勘三郎の熱演を見ることができる。
 硫黄島の海岸をそのまま使った舞台は、物語の中で沖からやってくる船を島の漁師が動かすなど、島民も総動員で作り上げた。夜の海岸に照明が配され、暗闇の中、砂浜が白く浮かび上がる幻想的なステージ。収録は、島のクレーンカメラを含む10台のカメラを設置し、ステージ中継の常識を覆すダイナミックで斬新なものになった。特別な舞台で、勘三郎が魂を込めた演技を披露。

<ストーリー>
 平家に反旗を翻した罪で、鬼界ヶ島(きかいがしま)に流刑にされた俊寛僧都(しゅんかんそうず/中村勘三郎)、丹波少将成経(たんばのしょうしょうなりつね/中村七之助)、平判官康頼(へいはんがんやすより/中村勘之丞)の3人。そこに、都から恩赦を伝える船がやってきた。ところが、赦免船に乗れるのは3人で、成経が島で結婚した海女の千鳥(中村鶴松)は乗れないと分かる。さらに、使者の妹尾太郎兼康(せのおのたろうかねやす/片岡亀蔵)から、都で俊寛の妻が殺されたと聞いた俊寛は、妹尾を切り捨て、自分の代わりに千鳥を船に乗せて都に返す。船が去った後、1人になった俊寛は改めて、孤独に打ちひしがれる。

放送:2011年12月10日 21:00〜 WOWOWライブ
収録:2011年10月22日
収録場所:鹿児島 三島村(硫黄島)
スタッフ・キャスト:
 演出:塚田圭一
 作:近松門左衛門
 出演:中村勘三郎、中村勘太郎、中村七之助、片岡亀蔵、中村勘之丞、中村鶴松

中村勘三郎が7月に舞台復帰 | 演劇ニュース(2011/5)
中村勘三郎が引き続き休養 | 演劇ニュース(2011/2)
2011年12月の演劇テレビ | 演劇ニュース

[<     1072  1073  1074  1075  1076  1077  1078     >]