S M L

 

イベント・その他 掲示板・新着情報

公演情報 掲示板・新着情報

掲載シナリオ公演情報 掲示板・新着情報

演劇求人・新着情報

スポンサード リンク

ワークショップ掲示板・新着情報

[9月11月舞台] “2作品同時募集”キャストオーディション・ノルマなしギャランティあり

このトピックの投稿一覧へ

通常 [9月11月舞台] “2作品同時募集”キャストオーディション・ノルマなしギャランティあり

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/3/6 17:42 | 最終変更
長谷川雅也  中堅   投稿数: 10
劇団亜劇 第3回・4回公演キャストを募集します!

この度「劇団亜劇」は、
第3回公演『嘘王』2018年9月10日(月)~16日(日)@シアターブラッツ 
第4回公演『惨憺姫』11月10日(土)~18日(日)@高田馬場ラビネスト
出演キャストを、2作品同時にオーディションをさせていただきます!
<劇団亜劇>
https://www.facebook.com/gekidanageki/
<過去公演写真>
https://gekidanageki.amebaownd.com/pages/1689319/page_201802232339
<オーディション詳細>
http://stage.corich.jp/bbs/46867
↑ページ下部に募集する役の詳細も記載しております!↑

【公演主旨】
まず、第三回公演「嘘王」は、これまでシリアス路線だった亜劇のイメージを大きく変える、バリバリのエンターテイメントを目指す作品です。鑑賞したお客さんが「舞台っておもしろい」と感じてもらえるよう、「外面的な面白さ」を追求する予定です。
そして、第四回公演「惨憺姫」は、亜劇らしくシリアスな路線を突き進みます。人の感情の発露を追求し、観た者の心を打ち、良い意味で疲れる。そんな「内面的な面白さ」を追求する予定です。

亜劇は旗揚げから2年が経ちました。毎回思うのは、とにかく多くのお客さん演出、演技、その他全てを追求した演劇をぶつけたい。その気持ちだけです。
両作とも観た人の心にいつまでも残る作品を目指します。是非、ご参加ください!

【公演概要】
①劇団亜劇 第3回公演
『嘘王』
作・演出:石田鉄弥
プロデューサー:浅田義啓
★シングル&ダブルキャスト予定
(キャストは各チーム10名程度を予定。)
★上演時間は90分以内を予定。

劇場:シアターブラッツ
公演日程:2018/9/10(月)~16(日)
※10日:仕込み 、11日:ゲネプロ、12~16 日:本番(1日2公演)
チケット代:4500円(予定)

②劇団亜劇 第4回公演
『惨憺姫』
作・演出:石田鉄弥
プロデューサー:浅田義啓
★ダブルキャスト予定
(キャストは各チーム10名程度を予定。)
★上演時間は90分以内を予定

劇場:@高田馬場ラビネスト
公演日程:2018/11/10(月)~18(日)
※10日:仕込み、11日:ゲネプロ、12〜18:本番(1日2公演)
チケット代:3900円(予定)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★2作品同時募集になります!
↓↓作品内容・応募要項は下記より↓↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【作品内容】
<第3回公演『嘘王』あらすじ>
古びた劇場で開幕した戯曲、「嘘王」。
感情の無い芝居、たどたどしいセリフ。
役者達は素人同然の演技を続け、次第に観客は不安と苛立ちを抱く。
幕が開いて暫く。ストーリーは「嘘王」の登場となった。
だが、舞台に現れた「嘘王」は屍であった。
そこで演者達は驚きと悲鳴を上げ、それまで演じられていた滑稽な芝居が全て劇中劇だとわかり、ここから本当のストーリーは始まる。
そして明かされていく素人同然の役者たちの正体は、全員が全員、様々な理由で集められた「特殊な探偵」であった。
何故、探偵達は集められたのか? 果たして「嘘王」を殺した犯人は?
そして「嘘王」の正体とは……?

<第4回公演『惨憺姫』あらすじ>
灰山は高校の女教師。昔虐められていた過去を持ち、自分と同じ生徒を出さないために教員となったが、力不足から挫折して、現在では誰にも心を閉ざしている、駄目教師になり下がってしまった。
そんな灰山には悪癖がある。
いつでも現実世界に空想世界をかぶせることだ。
見たくない現実を都合のいい現実に、聞きたくない現実を、都合のいい現実に捻じ曲げ解釈していく。それはつまるところ、体のいい現実逃避である。
その悪癖を始めてから、灰山の生活は潤いを帯びた。言うことの聞かない生徒、口だけの同僚教師、感情論しかもたない、頭の壊れた保護者達。そんな灰山の「敵」は全て、灰山の意のままに解釈した「キャスト」となり、灰山をまるで「姫」であるように崇めた。
しかしクラスではイジメが続いており、それを咎めるように教師、そして保護者から責任を問われる。
その度に灰山は現実逃避を続けていく。
ある時、空想世界なのに言うことを聞かない「キャスト」が現れる。その「キャスト」は灰山の心のなかに取り残されていた「虐められていた過去」、彼女を救うために灰山は教師になったのに、救うことを諦めたことで、いつまでも心の中に囚われたままの「惨憺姫」。
(色々あって)
灰山は現実逃避を続けることが平安な人生だと信じようとするが、現実で起きているイジメと、過去に自分が受けたイジメがシンクロし始め、最後は現実を受け入れ、戦う決意をした灰山は身を挺して虐めを止めた。
虐められている生徒を守ることで、過去の自分を救ったのだった。

【募集概要】
☆応募資格☆
・年齢、性別:
①“20代~60代”くらいまでの男性
②“18歳~50代前半”までの女性
(18歳未満の方は保護者の許可を得た上でご応募ください)
・演技経験:不問
・プロダクション所属:不問
(必ず所属事務所・劇団の許可を得た上でご応募ください)
・上記公演のどちらかに出演、稽古参加が可能な方。
<稽古日程>
《第3回公演『嘘王』》
“8月から”稽古開始予定。
最初は週2〜3程度。本番2週間前程から週4〜と増える予定です。

《第4回公演『惨憺姫』》
“10月から”稽古開始予定。
最初は週2〜3程度。本番2週間前程から週4〜と増える予定です。

★『嘘王』『惨劇姫』共に
※1日の拘束時間は“4~6時間”程度を予定。
※本番が近い日程になった場合は終日稽古の可能性も有り。
※急な単発の撮影などが入りそうな場合は要相談で対応可能

☆ギャランティーと集客に関するお願い☆
1、集客のご協力をお願い致します。(ノルマではありません)
2、ギャランティー:有り+チケットバック
※役者様の能力、集客力に応じて応相談とさせていただきます。

☆選考方法☆
・書類審査
・実技審査

☆オーディション日時☆
①2018年4月7日(土)
②2018年4月8日(日)
③2018年4月14日(土)
④2018年4月15日(日)
※上記日程のいずれか一日一時間程度。
※応募の際上記4日程の内NGの日時をお知らせください。応募者からいただいたスケジュールを見て、細かい日程に関してはご連絡させていただきます。

☆会場☆
未定。東京都内。
(ご応募いただいた方にメールでお知らせ致します。)

☆参加費☆
無料

☆応募方法☆
下記をご記入の上、お送りください。
shidouyuichi@gmail.com
キャスティング担当:内田(ACT studio)

・プロフィール(PDF)
・連絡先
・希望の作品・役柄(複数可)
・オーディション日と現状の 8 月・9 月もしくは、10月・11月のスケジュール(大まかで大丈夫です)
・現状の集客力予想(ファン、身内客含め)
・その他資料、備考や相談事など(あれば)

★募集締め切り★
2018年3月31日(金)24時まで

※応募者からいただいたスケジュールを考慮し、オーディションの細かい日程に関しては後日ご連絡させていただきます。
※もし、オーディション日が全日 NG の場合はご相談ください。 芸歴などによっては後に面接をお願いさせていただく可能性があります。
※決定した場合、稽古期間のスケジュール NG も事前にいただければ、ある程度は対応させていただきます。
※作品内容、名称等告知なしに変更する可能性があります。ご了承ください

★備考★
今回の「亜劇」の公演のほか、石田が監督する映像やCM、浅田がプロデュースする CM、ACT studio が キャスティングする作品などにも
お声をかけさせていただく可能性もあります。

【亜劇について】
劇団 亜劇とは
我々はいうなれば亜種。

劇団 亜劇は、映像作家である石田徹弥と
CMプロデューサーの浅田義啓による演劇ユニット。
我々の主戦場は映像。だからといって手は抜かない。映像業界で培った経験を元に、一味違う演劇を作り上げる。
「亜種」である「演劇」、それが「亜劇」。

2016年にSPACE雑遊にてマキシム・ゴーリキーの「どん底」をベースにした旗揚げ公演「この、素晴らしき世界にて」を上演。550人の動員を記録。
2017年にはオリジナル戯曲「シャングリラ」をAPOC THEATERにて上演。二人芝居でありながら300人超の動員を記録した。
演出、シナリオだけでなくプロモーションにも力を入れ、多くの方へ特別な体験を届ける事を本旨としている。

第一回公演
「この、素晴らしき世界にて」
(原作: マクシム・ゴーリキイ「どん底」)
@SPACE 雑遊
↓告知動画↓
https://youtu.be/rbzqR_EXdqo

第二回公演 「シャングリラ」(オリジナル作品)
@APOCシアター
↓告知動画↓
https://www.youtube.com/watch?v=AvtMKUEfJvo

<演出家>
--------
石田徹弥
--------
フリーランス映像作家。プロデュース・ディレクションを行う。
これまでに日本生命、Docomo、JAL、資生堂 等の多くのWebコマーシャルを手掛ける。
https://www.youtube.com/user/tessan27

<プロデューサー>
--------
浅田義啓
--------
大手TVCM制作会社を経て、現在Web動画制作会社にてクリエイティブプロデューサーを務める。
WebCMから会社紹介、採用動画等、Web動画全般の制作を担当する

<Twitter(「フォロー」ぜひ、お願いします!)>
https://twitter.com/gekidanageki?s=09
<Facebook(「いいね!」ぜひ、お願いします!)>
https://www.facebook.com/gekidanageki/

以上です。
皆様のご応募を心からお待ちしております!

【お問い合わせ】
劇団亜劇
info.gekidanageki@gmail.com
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ