S M L

 

イベント・その他 掲示板・新着情報

公演情報 掲示板・新着情報

掲載シナリオ公演情報 掲示板・新着情報

演劇求人・新着情報

スポンサード リンク

ワークショップ掲示板・新着情報

<明治の芝居小屋で上演>殿がいない! -陸奥下村藩 最後の一日-

このトピックの投稿一覧へ

通常 <明治の芝居小屋で上演>殿がいない! -陸奥下村藩 最後の一日-

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/9/2 15:31 | 最終変更
せいの  初心者   投稿数: 1
ふるさと西地区の歴史再発見事業
劇団120◯EN 第28回公演

『殿がいない! ~陸奥下村藩 最後の一日~』
脚本・演出:清野和也
◎日程 11月4日(月・祝)
 [午前の部]10:30~
 [午後の部]14:00~
◎会場 旧廣瀬座(福島市民家園内)
◎料金 500円(全席自由)

▼詳細はこちら
https://120en.com/next/

===
江戸時代、福島市佐倉下にあった
陸奥下村(むつしもむら)藩。

この藩を治めていた殿さまは、
田沼意次の子孫たち。
意次の失脚後、彼らは
相良藩(静岡県)を取り上げられ、
代わりに下村を与えられましたが、
代々、江戸から出ることを
禁じられていました。

ですから、この村の人々は誰ひとり
この地を治める「田沼の殿さま」の姿を
見たことがありませんでした。

文政6年(1823年)のこと。
突然、下村藩が無くなることになりました。

田沼の殿さまが将軍・徳川家斉公に気に入られ、
元々の領地、相良(静岡県)を
治めることになったのです。

「最後にひと目、下村を見てみたい」

急に田沼の殿さまが言い立って、
下村の人々は大慌て。
失礼の無いように迎える準備を整えますが、
ある噂が立ちます。

「この下村で殿さまを
暗殺しようとしている者がいるらしい!」

殺されては大変と、藩の侍は
「奥玉神社」に勝手に住み着いていた
村一番の嫌われ者を
殿さまの影武者へと仕立てあげるのですが…。

120○EN、廣瀬座四作目は
幻の下村藩を題材にした歴史喜劇!
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ