S M L

 

イベント・その他 掲示板・新着情報

公演情報 掲示板・新着情報

掲載シナリオ公演情報 掲示板・新着情報

演劇求人・新着情報

スポンサード リンク

ワークショップ掲示板・新着情報

金子修介・篠原哲雄・宝来忠昭 3監督、俳優ワークショップ開催

  • 新規投稿
  • この掲示板ではゲスト投稿が許可されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2018/9/16 0:02
GMB WS  常連   投稿数: 18
GMB俳優ファクトリー2018年9月企画

~魅力的な登場人物になるために~

【金子修介・篠原哲雄・宝来忠昭 3監督、俳優ワークショップ開催】

内容:一つの同じ題材・短篇ワンシーン脚本を三人の異なる監督と演技セッション挑戦してみる!


【日時】
9/25(火) 宝来忠昭監督
9/26(水) 篠原哲雄監督
9/27(木) 金子修介監督

※全日10:00~18:00

※最終日終了後、監督陣との打ちあげ懇談会(自由参加・別途会費制)

【会場】
GMBプロダクション スタジオ
東京都港区赤坂5-4-8 荒島ビル4F
※東京メトロ千代田線 赤坂駅 7番出口 徒歩1分

【参加費】
3万円(3日間)
※全日参加できない方、特例参加コース1.2万円(1日あたり/2日2.4万円)設置しましたのでご相談下さい。

【応募先】 
gmb.ws@gmbp.co.jp

タイトルに【俳優ファクトリー希望】、以下明記の上メールにてお申し込み下さい。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
① お名前 / 年齢 
② ご連絡先(電話番号・メールアドレス)
③ 参加希望日
④ プロフィール(無い方は簡単な経歴とお写真を)もお送り下さい。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

確認取れましたら、折り返し実施要項pdfファイルをお送りします。

(定員に達し次第締め切りますのでご了承下さい)

【お問い合わせ】
担当:長谷貴典(ながたにたかのり) 電話 03-5797-7837


テーマ:『俳優が魅力的な登場人物になるには?』

商業映画・ドラマ最前線で活動中の3監督と、プロデューサー平埜敬太、キャスティング長谷貴典が一丸となり、演技もさることながら、キャスティングにつながるセルフプロデュース感覚、日常の訓練、準備、交渉術等の《俳優思考》をみにつけていけるよう総合的に参加者のみなさんと取り組んで参ります。

キャスティングやオーディションのシミュレーションのWSでもあり、キャスティングのポイントを教示し、参加者各人の個性や魅力のポイントはなにか?を探り、演技のルールやポイント、身体をつかった説明ではない「表現」を目指します。


今回は3監督共におなじ1つの短編ワンシーン脚本を、

3監督それぞれの演出で

参加者とセッションする挑戦です!


参加者はGMBキャスティングボードに登録され、今後キャスティング&講師陣企画作品への出演もあります。

コチラのURLからもご覧になれます。
http://www.gmbp.co.jp/modules/tinyd0/content/index.php?id=33

スタッフ一同、新しい才能との出会いをお待ちしております!
奮ってご参加ください!


主催:GMBプロダクション 企画協力:BOYS BE
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/9/18 20:14
GMB WS  常連   投稿数: 18
《宝来忠昭監督(9/25開催)からメッセージを頂いております》

あなたが試したい実力も、人との出会い、作品との出会いがなければ意味がない。
何万分の1の確率の幸運を待つのも悪いとは言わないけど、自分がその何万分の1ではないと分かってから動き出しても遅いような気がする。

自分が何者かわからない。
どうやって道を進んでいけばいいのかわからない。
やらない理由を作るのは簡単です。

でも、それらは、あなたの周りの人たちとの関係性やあなたが出会った作品が決めてくれるような気がしてます。

だったらやっていくしかない。

必要なのは、自分はこの道(皆さんにとっては当然、俳優道ですかね)でやっていくんだという確かな覚悟のような気が、今はしています。

今回の出会いが、お互いにとってプラスになる事を強く願うし、そうしたいと思っています。

よろしくお願いします。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/9/19 14:48
GMB WS  常連   投稿数: 18
《篠原哲雄監督(9/26開催)からメッセージを頂いております》

俳優の芝居によって映像は飛躍します。

それは俳優の勝手な解釈で一見自由だけど、勘違いした芝居をするということではありません。

台本に対するきちんとした思考と、柔軟な精神と肉体による実践によって、映像を飛躍させてくれる芝居、というものがあると信じています。

芝居は一つの動作や言葉の発し方によって、おそらく格段に違う領域に達することができるのではないか、と勝手に思っています。

そのようになることを期待しつつ、演出も行わなければなりません。

そこはこちらの頑張りどころ。そういう意味で皆さんと「共闘」したく思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/9/20 13:58
GMB WS  常連   投稿数: 18
《金子修介監督(9/27開催)からメッセージを頂いております》

高校一年生の時に8ミリ映画を初めて作って」、以来、毎年作って、大学に入っても作り、自己紹介で「趣味は映画を見て、映画を作ることです」なんて言ったら、女の子たちが「へ~ッ」と驚いてくれたのでカタルシス。

それで還暦を超えて今でも同じ、映画を見て、映画を作る、のみ。

学生の時は、俳優は友だちを使っていたから、下手でも気を遣っていたが、どう言ったらどう動いてくれるのか、分からないでイライラしたり、でも上手いじゃん、と思って感心したりしていた。
助監督時代は、監督が、役者を乗せるのが上手い人と下手な人がいるな、と分かり、ロマンポルノの現場だったから、あんまり裸ばっかり撮らないで欲しいと女優さんが思ってたのが分かった。
裸じゃなくてお芝居をしているのを撮って欲しいと。でも、裸になったからこそ、本当にそこで、カラダをはった嘘じゃない芝居が見られていた。
職業監督になってからは、様々な役者といろんな現場で付き合い、みなさん本気に人生かけてるの良く分かったが、みんなそれぞれ違う、法則性があるようで無いのが分かった。

いい瞬間とおきまりの時間がある。お客に向かって芝居したいのだろうが、カメラだと無機物なので、監督に向かって芝居してくれるので、最初の客になって、しかもダメ出しが出来る特権階級でお得な役回りなんだと分かった。
たまに怖い俳優さんもいるが……松田優作とも助監督としてだけど会っていますよ。
怖くなかった。
ナイーブな人だった。

演技は修正出来ない人もいるし、実際の現場だと時間も少ない。
ワークショップ講師をやってみると、かなり修正できる。
マチガイは正しておいた方が良いでしょう。教えられることは教えます。分かる人も分からない人もいる、経験上。
いくら言っても分からないけど、何年か経って現場で分かったりして。それは本人の問題。そうなって欲しいと思います。 

小劇場の監修もしていて、ウルトラマンのアンドロイドなんで無表情でやらせていた満島ひかりが、芝居らしい芝居を獲得していく現場に立ち合っている。

僕がやったわけでは無い、本人が変わっていった。

その場を提供出来たに過ぎない。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

  条件検索へ