S M L

キャンペーン

スポンサード リンク


アルバムトップ : news :  ザ・ビートルズのベスト・アルバム、赤盤・青盤が2作同時TOP5入り

[<     1389  1390  1391  1392  1393  1394  1395     >]

ザ・ビートルズのベスト・アルバム、赤盤・青盤が2作同時TOP5入り
ザ・ビートルズのベスト・アルバム、赤盤・青盤が2作同時TOP5入り高ヒット
投稿者管理人A管理人A さんの画像をもっと!   前回更新2010/10/27 14:57    
ヒット数3775  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)
●ザ・ビートルズの歴史的ベスト盤“赤盤”、“青盤”が最新リマスター音源で新登場!
『ザ・ビートルズ 1962年〜1966年』(赤盤)
TOCP-71017(2CD/全26曲)
『ザ・ビートルズ 1967年〜1970年』(青盤)
TOCP-71019(2CD/全28曲)
2010年10月18日世界同時発売
*期間限定特別価格:各2,600円(税込)


“赤盤”、“青盤”で親しまれてきたビートルズのベスト盤が、今週発表のオリコン「アルバム・ランキング」で洋楽1位、2位を独占、総合ランキングでも3位(青盤)と4位(赤盤)を獲得し、揃って総合ランキングTOP5入りを果たすことになりました(11/1付、オリコン調べ)。

オリコンによると、洋楽アーティストとしては、2003年6月23日付でロシアの2人組ユニットのt.A.T.uがアルバム『t.A.T.u〜デラックス・エディショ』と『t.A.T.u』で4位と5位を記録して以来、7年4ヶ月ぶりとなる2作同時TOP5入り。さらに、ビートルズにとって総合ランキングでの2作同時TOP5入りは、初CD化となった1993年9月発売の赤盤と青盤で、同年10月4日付に3位、5位を記録して以来、17年1ヶ月ぶり。洋楽男性アーティストとしても上述のビートルズの赤盤、青盤以来の記録となりました。
この赤盤、青盤はビートルズ解散から3年後の1973年にアナログ・レコードで発売。以来現在に至るまで、ビートルズの入門盤として、そして最強のベスト盤として長い間親しまれ、ビートルズ史上最高のセールスを記録しているアルバムですが、今回改めて最新ヒットチャートの上位に揃って登場することになり、日本でのビートルズ人気の根強さを改めて証明することとなりました。

この2作には、ビートルズのデビューから解散までの全期間のシングル・ヒット曲に加え、近年人気が高まっている「イン・マイ・ライフ」や「アイ・アム・ザ・ウォルラス」など、アルバムの中の1曲、シングルのB面曲なども収録。今ではこれらの楽曲もシングル・ヒット曲同様に、ビートルズの代表曲として広く親しまれていますが、それもこのアルバムに収録されている影響が大きいといわれています。12月11日から全国公開される映画「ノルウェイの森」の主題歌「ノルウェーの森」も元々はアルバム『ラバー・ソウル』の中の1曲ですが、赤盤にも収録され、今ではビートルズの代表曲の一つになっています。

赤盤、青盤に収録されている楽曲は全部で54曲。各々CD2枚組となっていますが、現在は期間限定特別価格で各2,600円で発売中。2枚組が、通常のCD1枚分の価格になっています。
昨年のオリジナル・アルバムのリマスター発売で音楽業界に大きな旋風を巻き起こしたビートルズ。興味はあるけど、どのアルバムから聴いたらいいのか分からない、という人はまずはこの赤盤、青盤を手にとれば、その凝縮されたビートルズの素晴らしさに触れることができるはずです。


赤盤
青盤

[<     1389  1390  1391  1392  1393  1394  1395     >]