「『女の声』 ―ジャン・コクトー『声』による」登録カテゴリー

『女の声』 ―ジャン・コクトー『声』による

女性の一人舞台。コクトー作品の翻案。コクトーの頃の混線しがちな電話ではなく携帯を使った別れ話。女の意志は固いが、男に感謝したい気持もある。それが男心を今更に引き寄せる。少子化で先細りの日本の元気な女性たちに。

no image 著者名 高坂文雄
所属
初演
上演時間 1時間20分前後
 
スタイル ストレート
ジャンル 恋愛
登場人物 女一人。三十代。
読書方法 公開しています
上演方法 お問い合わせください
概要 女性の一人舞台。コクトー作品の翻案。コクトーの頃の混線しがちな電話ではなく携帯を使った別れ話。女の意志は固いが、男に感謝したい気持もある。それが男心を今更に引き寄せる。少子化で先細りの日本の元気な女性たちに。
あらすじ 渋滞に巻き込まれて遅れに遅れた葬式から栄子がやっと帰宅する。着替えていると携帯が鳴る。誰からかは分っている。今日は三度目の電話だ。別れる決心をした恋人からである。二人の長年の友人比沙子がとうとう亡くなり、今日その葬式に出ることをメールで知らせたのである。
電話の向こうで、男は半ば諦めながらも、栄子に未練を残して訴えかける。久々に栄子の声を聞いて愚痴も出る、腹立たしさも募る………二人は知り合った頃のように親しく話込む。
戯曲を読む
Q&A / 上演許可のお問い合わせに当たって
お問い合わせ



※戯曲をご覧になるためには、Acrobat Readerが必要です。ソフトは、上記から無料でダウンロードできます。

Produce by Theater League