広告

2008年7月18日

■ドロウジー・シャペロン

ブロードウェイ・ミュージカル「ドロウジー・シャペロン」が、日本版キャストで上演されます。

ミュージカル「ドロウジー・シャペロン(The Drowsy Chaperone)」は、
ブロードウェーのマーキーズシアター(Marquis Theatre)で2006年5月に初演され、674公演のロングランを記録。
同年のトニー賞では13部門にノミネートされ、
脚本賞・楽曲賞・助演女優賞(Beth Leavel)・衣裳賞(Gregg Barnes)・舞台装置賞(David Gallo)の5部門を受賞。
「The Drowsy Chaperone」とは、和訳すると「眠そうな結婚介添人」といった感じの意味になります。

物語は、ミュージカルファンの中年男性「椅子の男」が、
自宅で古き良き時代のミュージカル「ドロウジー・シャペロン」のレコードをかけると、そこは華やかな舞台の世界に早替わり。
ブロードウェイのスター・ジャネットが、結婚のため引退を宣言したことから巻き起こる結婚狂騒劇を、
この中年男性が狂言回しとなって紹介する形。
ミュージカルではやや珍しい、休憩なし・100分の舞台となります。

主演のブロードウェイのスター・ジャネット役は藤原紀香、相手役となるジャネットの結婚相手ロバート役はなだぎ武。
演出は宮本亜門で、共にミュージカル初挑戦となる二人は、宮本亜門の誘いによって出演が決まったと報道されています。
また、結婚介添人役をミュージカル俳優としてお馴染みの木の実ナナと川平慈英が務めますが、
木の実ナナは、同作が「アプローズ」以来40年ぶりのブロードウェイ作品になるとのこと。

※追記
東京公演に続き、地方公演も続々と決定しています。公演の日程がわかり次第追加していきます。


ミュージカル「ドロウジー・シャペロン」
日程:2009/1/05〜1/29 日生劇場(東京)
   2009/2/07〜2/08 長崎ブリックホール(長崎)
   2009/2/13〜2/15 愛知県勤労会館(愛知)
   2009/2/21〜2/22 オーバード・ホール(富山)
   2009/2/28 ウェルシティ大阪(大阪)
演出:宮本亜門
作詞・作曲:リサ・ランバート/グレッグ・モリソン(Lisa Lambert/Greg Morrison)
劇作・脚本:ボブ・マーティン/ドン・マッケラー(Bob Martin/Don McKellar)
出演:藤原紀香/木の実ナナ/川平慈英/梅垣義明/浦嶋りんこ/瀬戸カトリーヌ/なだぎ武
   小松政夫/尾藤イサオ/中村メイコ/小堺一機/
   石飛幸治/林勇輔・中本哲也/石澤智幸

●キャスト
ジャネット・ヴァン・デ・グラーフ(ブロードウェイのスター):藤原紀香
ロバート(ジャネットのフィアンセ):なだぎ武
ドロウジー・シャペロン(花嫁介添人):木の実ナナ
ジョージ(花婿介添人):川平慈英
フェルドジーグ(ショウのプロデューサー):尾藤イサオ
キティ(フェルドジーグの愛人):瀬戸カトリーヌ
アルドルフォ(ラテンのジゴロ):梅垣義明(WAHAHA本舗)
トリックス・ジ・アビアトリックス(飛行機の神様):浦島りんこ
菓子職人(ギャングの二人組・Wキャスト):
石飛幸治・林勇輔(Studio Life)・中本哲也/石澤智幸(テツandトモ)
アンダーリング(トッテンデール夫人執事):小松政夫
トッテンデール夫人(結婚式の主催者):中村メイコ
椅子の男(ナレーター)小堺一機

The Drowsy Chaperone オフィシャルサイト
The Drowsy Chaperone [Original Broadway Cast]

関連する演劇・ミュージカルニュース

「ドロウジー・シャペロン」奥付

  • Posted : 2008年7月18日 14:44
  • Tag : /
  • Prev : « 舞台「パッシング・ストレンジ」映画化
  • Next : TSUTAYA全店にBlu-ray »
  • Category : ミュージカル | 演劇ニュース | シアターリーグ