広告

2010年8月 3日

■なぜ君は絶望と闘えたのか

江口洋介の主演で、門田隆将「なぜ君は絶望と闘えたのか」がWOWOWでドラマ化されます。

「なぜ君は絶望と闘えたのか」は、1999年に起きた光市母子殺害事件を追った記者、
門田隆将の著書「なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日」(新潮社刊)を元に、
フィクションとして作られた感動のドラマ。
加害者に手厚く、被害者遺族を蔑ろにする司法や少年法。
その矛盾に立ち向かった、悩めるジャーナリストと若き被害者遺族。
彼らの毅然とした生き方、そして人生をも変える真の友情を描くもの。

主演には、これがWOWOW初登場となる江口洋介。
監督は「点と線」「刑事一代」などの石橋冠。
脚本は「ホワイトアウト」「亡国のイージス」の谷川康夫、
「刑事一代」「アイシテル--海容--」の吉本昌弘。
放送は、WOWOWで9月25日・26日の21時より二夜連続。
門田隆将「なぜ君は絶望と闘えたのか」は、8月28日に文庫版発売。

なぜ君は絶望と闘えたのか

ドラマWスペシャル「なぜ君は絶望と闘えたのか」
放送:2010/9/25 21:00〜 WOWOW 前編
放送:2010/9/26 21:00〜 WOWOW 後編
監督:石橋冠
脚本:長谷川康夫/吉本昌弘
原作:門田隆将
出演:江口洋介/眞島秀和/ミムラ/木村多江/小澤征悦/井川遥(特別出演)/
   佐藤B作/市毛良枝/田口浩正/田山涼成/勝部演之/
   西岡徳馬/益岡徹/井川比佐志/山本圭/柄本明(特別出演)/草笛光子/高橋克実/ほか
DVD:なぜ君は絶望と闘えたのか【DVD】

<ストーリー>
--1999年。うだるような夏の午後。北九州の薄暗い喫茶店で、まだ23歳のその青年と出会った--
"僕が......僕が、この手で彼を殺します"
そう力強く言い放ったのは、無惨にも18歳の少年に最愛の妻子を殺され、突如被害者遺族となり、絶望の淵に落とされた若き青年、町田道彦(眞島秀和)。
その言葉に戸惑いを隠せない男、週刊誌記者・北川慎一(江口洋介)。
妻子を殺された深い哀しみの中、幾度となく司法の厚い壁に跳ね返され、なおも敢然と挑み続ける町田。
しかしそれは、決して孤独な闘いではなかった。
絶望と闘う青年の陰には、彼を励まし、支えた人たちがいた。
その大きな支えとなったのは、町田を取材対象として追った一人のジャーナリスト、北川であった。
貪欲に事件を追い、売れる対象には固執に付き纏うのがジャーナリストの宿命。
しかし彼は、皮肉にも家族を失ったこの若き青年から、失った人間の本質を教わっていく...。
最愛の妻子を失った事件発生から9年。若き青年が成し遂げた大きな成果とは...
そして、絶望の闘いの果てにある揺るぎない感動とは...。

WOWOW

※2010/10/28追記
ドラマWスペシャル「なぜ君は絶望と闘えたのか」が、放送批評懇談会のギャラクシー賞テレビ部門2010年9月度月間賞に選出されました。
WOWOWでは、2011年1月に再放送を予定。

※2010/12/21追記
ドラマWスペシャル「なぜ君は絶望と闘えたのか」が、
第65回文化庁芸術祭賞のテレビ部門・ドラマの部で、大賞を受賞。
2011年1月22日(土)にWOWOWでの再放送も決まりました。
受賞理由:現在も係争中の「光市母子殺害事件」の裁判取材記を見事にフィクション化。
主人公を記者としたことで広がりのある作品となり、記者の眼を通して、人間の絶望、孤独、そしてそれと闘う姿が骨太に描かれラストまで引きつける。
被害者遺族青年の陳述シーンは圧巻。
繊細で温かな石橋冠の演出と江口洋介の演技が光り、命の大切さ、生きる意味、家族愛、友情が心に響く秀作。
【再放送】
▼2011/1/22 14:50〜 WOWOW 前編
▼2011/1/22 16:30〜 WOWOW 後編

※追記
2011年10月21日にDVDの発売が決まりました。

関連する演劇・ミュージカルニュース

「なぜ君は絶望と闘えたのか」奥付

  • Posted : 2010年8月 3日 18:38
  • Tag : / /
  • Prev : « 宮藤官九郎&三宅弘城の楽曲が「ハイサワー」CMに
  • Next : 妖しき文豪怪談 »
  • Category : ドラマ | 演劇ニュース | シアターリーグ