広告

2014年8月26日

■第66回エミー賞「SHERLOCK/シャーロック」が最多7部門受賞

アメリカ・テレビ界最大の賞と言われる第66回プライムタイム・エミー賞(Primetime Emmy Awards)授賞式が行われました。

連続ドラマ部門の作品賞は、ファイナルとなるシーズン5が放送された「ブレイキング・バッド」(Breaking Bad)が昨年に続いて受賞。
同作からは、ブライアン・クランストンが主演男優賞、アーロン・ポールが助演男優賞、アンナ・ガンが助演女優賞、モイラ・ウォリ=ベケット(「オジマンディアス」(Ozymandias))が脚本賞を受賞するなど、6部門を制しています。

コメディ部門は、「モダン・ファミリー」(Modern Family)が5年連続で作品賞を受賞。
同作からは、監督賞、助演男優賞も選ばれています。

ミニシリーズ・TV映画部門は、イギリスの「SHERLOCK/シャーロック」からホームズ役のベネディクト・カンバーバッチが主演男優賞、ワトスン役のマーティン・フリーマンが助演男優賞を受賞。
同作は、その他脚本賞、編集賞など7部門を制しています。

Season 1 DVD
Season 1-4 輸入Blu-ray
Season1-3 輸入 DVD

▼第66回プライムタイム・エミー賞(ドラマ部門)
作品賞:「ブレイキング・バッド」
演出賞:キャリー・フクナガ「True Detective」
脚本賞:モイラ・ウォリ=ベケット「ブレイキング・バッド」
主演男優賞:ブライアン・クランストン「ブレイキング・バッド」
主演女優賞:ジュリアナ・マルグリーズ 「グッド・ワイフ」
助演男優賞:アーロン・ポール「ブレイキング・バッド」
助演女優賞:アンナ・ガン「ブレイキング・バッド」

▼第66回プライムタイム・エミー賞(コメディ部門)
作品賞:「モダン・ファミリー」
演出賞:ゲイル・マンキューソ「モダン・ファミリー」
脚本賞:ルイス C.K.「Louie」
主演男優賞:ジム・パーソンズ 「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」
主演女優賞:ジュリア・ルイス=ドレイファス 「Veep」
助演男優賞:タイ・バーレル「モダン・ファミリー」
助演女優賞:アリソン・ジャニー「Mom」

▼第66回プライムタイム・エミー賞(ミニシリーズ・TV映画部門)
ミニシリーズ作品賞:「Fargo」
テレビ映画作品賞:「The Normal Heart」
演出賞:コリン・バックセー「Fargo」
脚本賞:スティーヴン・モファット「SHERLOCK」
主演男優賞:ベネディクト・カンバーバッチ「SHERLOCK」
主演女優賞:ジェシカ・ラング「アメリカン・ホラー・ストーリー」
助演男優賞:マーティン・フリーマン「SHERLOCK」
助演女優賞:キャシー・ベイツ「アメリカン・ホラー・ストーリー」

関連する演劇・ミュージカルニュース

「第66回エミー賞「SHERLOCK/シャーロック」が最多7部門受賞」奥付

  • Posted : 2014年8月26日 18:08
  • Tag :
  • Prev : « ミュージカル「ボンベイドリームス」
  • Next : 「グランド歌舞伎」明治村呉服座などで上演 »
  • Category : テレビ賞 | 演劇ニュース | シアターリーグ