広告

2015年1月23日

■連続ドラマW「闇の伴走者」

長崎尚志「闇の伴走者」が、三木孝浩監督でWOWOWでドラマ化。4月より放送されます。

「闇の伴走者」は、漫画「MASTERキートン」の原作・脚本などを手掛けた長崎尚志による、漫画界を舞台としたミステリー小説が原作。
ドラマは、漫画の虚構の世界とリアルなドラマの世界を融合させ、未だかつてない異色のクライムミステリーになるとのこと。

ドラマの中に登場する漫画は、「コミPo!」の開発にも携わるなど幅広く活躍している漫画家の田中圭一が担当。
脚本は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」などの佐藤大。
映画「僕等がいた」「ホットロード」などの三木孝浩が、初のミステリー作品で連続テレビドラマの監督を務めます。
連続ドラマW「闇の伴走者」は、4月より毎週土曜22時からWOWOWで放送。

※追記:
キャストが発表されました。
松下奈緒・古田新太がW主演。松下奈緒演じる元警察官で出版業界メインの調査員と、古田新太演じる偏屈だけど漫画編集者としては奇才という異色コンビが謎に挑みます。
その他、田中哲司、要潤、藤井美菜、野間口徹、池田鉄洋、ベンガル、石丸謙二郎、真野響子、森本レオ、平田満などが出演。
連続ドラマW「闇の伴走者」は、4月11日より毎週土曜22時からWOWOWで放送。

連続ドラマW「闇の伴走者」画像 WOWOW

連続ドラマW「闇の伴走者」
放送:2015/4/11〜 毎週土曜222:00〜 WOWOW
監督:三木孝浩
脚本:佐藤大/阿相クミコ
漫画担当:田中圭一/伊藤潤二
音楽:グランド・ファンク
出演:松下奈緒/古田新太/田中哲司/要潤/藤井美菜/野間口徹/池田鉄洋/ベンガル/石丸謙二郎/真野響子/森本レオ/平田満 ほか

あらすじ
漫画界の巨匠・阿島文哉の一周忌に50枚の未発表画稿が発見された。
作画は阿島そのものだが、 35年前の連続女性失踪事件を彷彿とさせる謎の多い内容だった。
阿島夫人は、 本当に阿島が描いた画稿なのか調べるようアジマプロの部長・小澤に指示を出した。
調査会社から派遣されて来た元警察官の優希は、 漫画編集者で知識が豊富な醍醐に協力を求めた。
醍醐は、画稿の背景やシャドーの描き方 ペンやスクリーントーンの種類などから描かれた年代と作者を割り出して行く。
作者が阿島ならば迷宮入り事件の真犯人ということなのか!? 別の人物ならば一体なんの目的で描かれたものなのか!?
やがて、漫画の中に隠された、想像を絶する哀しくも恐ろしい連続殺人犯の手がかりが潜んでいる事に気づいてしまう!
その真相、正体とは!? 2人は、ぶつかり合いながらも命を張って事件の謎を解き明かして行く!

●コメント
原作:長崎尚志
映像化不可能だと思っていたのですが、本当に出来ちゃうんですね。楽しみです。

監督:三木孝浩
僕にとって初めてのサスペンス・ミステリーで非常にワクワクしてます。
長崎さんの圧倒的な知識と筆力で描かれた漫画業界の光と影。
幻の原稿に隠された未解決事件の謎を解くというこの一風変わったミステリーの裏側には、底の見えない深淵なる闇があり その魅力にすっかり引き込まれてしまいました 本作を監督するにあたり、その闇に臆することなく思いきりダイブして、この作品の核を掴み取りたいと思います。

脚本:佐藤大
漫画という誰でも知っている題材を中心にしながら誰もみたことのない新しいタイプのミステリー。
そんな刺激的な原作の魅力を損なう事なく、連続ドラマにしか出来ない展開とツイストで描きます。
普段、知ることの出来ない漫画家と編集者の関係や出版業界のリアルな裏側を知る知的好奇心と共に、謎へ迫っていく凛々しい優希とマニアな醍醐という凸凹コンビの誕生を楽しんでください。

漫画担当:田中圭一
本ドラマで「天才マンガ家の遺した謎の原稿」を担当させていただくことになりました。
原作を読んでみて、「マンガ界の巨匠たちとライバル関係だったマンガ家、その天才的な筆致は...」という設定に背筋が寒くなりました。
そんなの「マンガ界のモノマネ芸人」である私に描けるの?
しかし、これに挑まなければマンガ家として「負け」になる、そういう気持ちで執筆することにしました。
80年代に描かれたであろうという設定の原稿なので、あの当時にしか使われていなかった道具を揃えて、80年代風の筆致も完全再現いたしました。
今では、この原稿がドラマをいっそう面白く引き立ててくれるのではないかと自信を持っています。

松下奈緒
連続ドラマW「闇の伴走者」への出演が決まった時の気持ち
WOWOWの連続ドラマWはいつも楽しく見ているドラマなのでとても嬉しく思います。
原作を読んで、スリル感、爽快感があり、とてもカッコいいこの作品に参加出来る事に今からとてもワクワクしています。
撮影が始まるのを心待ちにしています。

今回演じる、 調査員・水野優希の印象
優希の元警察官で調査員という役柄も面白いなと思います。
元警察官だからこその使命感や責任感、強さと弱さを持ち合わせたキャラクターだなと感じました。
仕事や家族と色々抱えている問題は多いですが、事件に関わっていく事で優希の変化や成長を見て頂きたいと思います。

相手役となる、醍醐真司役の古田新太さんの印象
醍醐さんを古田さんが演じられると聞き、まずご一緒できるのが嬉しく、「絶対!面白くなりそう!楽しくなる!!」と思いました。
古田さん演じる強烈なキャラクター、醍醐真司に早く会いたいです。 この撮影中は思いっきり振り回されたいと思います。

視聴者の皆様へのメッセージ
毎週、ハラハラ、ドキドキをお届けしたいと思います
もちろん事件を解決して行く事が面白い部分でもありますが登場人物の抱えているそれぞれの思いを追って頂けると面白さも倍増すると思います。
優希は見ている方と同じ目線で事件を見ている所もありますので、皆さんも一緒に解決する感覚でご覧頂けると嬉しいです。

古田新太
連続ドラマW「闇の伴走者」への出演が決まった時の気持ち
以前原作ももちろんですが、脚本で入られていた「20世紀少年」に春波夫役で出演させていただいたことがあります。楽しい作品でした。
ずっと読んでいた方なので、また長崎さん原作の作品に出演ということで、本当に楽しみにしています。

今回演じる漫画編集者・醍醐真司の印象
原作では、とにかくデカい人ですが、それほどオイラはデカくないんです。 大丈夫なんでしょうか。
それから、とにかく大食漢ですが、オイラは意外と少食です。ちなみに甘いものが苦手です。

相手役となる、水野優希役の松下奈緒さんの印象
今までご一緒する機会が無くテレビで拝見しただけですが、見たまま綺麗な人ですよね。クレバーな女優さんのイメージです。
ま、オイラが癖の強い役者なので、上手い具合に反比例が生まれたらいいなと思います。

視聴者の皆様へのメッセージ
原作が面白いので、ストーリーは当然面白いです。
いい画ができれば、みなさんのご期待に添えると思いますので、頑張ります。見てください。

●書籍:闇の伴走者―醍醐真司の猟奇事件ファイル

関連する演劇・ミュージカルニュース

「連続ドラマW「闇の伴走者」」奥付

  • Posted : 2015年1月23日 17:58
  • Tag :
  • Prev : « 宝塚歌劇雪組「ベルサイユのばら フェルゼン編」WOWOWで放送
  • Next : 第57回ブルーリボン賞 »
  • Category : ドラマ | 演劇ニュース | シアターリーグ