広告

2012年10月22日

■宝塚歌劇が台湾公演 星組「怪盗楚留香外伝 -花盗人-」

宝塚歌劇団が2013年4月に初の台湾公演。台湾の人気小説を元にしたミュージカル「怪盗楚留香外伝」などを星組が上演。
3月には中日劇場でも上演されます。

1938年のヨーロッパを皮切りに、これまで24回、17カ国で海外公演を行ってきた宝塚歌劇団ですが、台湾で公演を行うのは今回が初。
今回は星組が、3月に中日劇場で公演を行った後、
4月に台湾台北市にある総合芸術文化施設・国立中正文化中心(National Chiang Kai-Shek Cultural Center)の国家戯劇院で公演を行います。

上演されるのは3演目。
第1幕は、能楽の基礎の概念を取り入れ構成した日本物ショーである舞踊ファンタジー「宝塚ジャポニズム ~序破急~」。
「和」の心、「祈り」の心、「抒」の心を日本舞踊に乗せて表現する作品で、
専科の松本悠里が特別出演。作・演出は植田紳爾。

第2幕は、台湾の作家・古龍(ク・ルン)の小説シリーズの主人公である怪盗・楚留香を描いたミュージカル「怪盗楚留香外伝 -花盗人-」。
楚留香(そりゅうこう)は、盗みを働いては現場に香の匂いを残して去るという洒脱な怪盗で、台湾のアルセーヌ・ルパンとも言われる人気キャラクター。
古龍「楚留香新伝」を元に、小柳奈穂子の作・演出で上演。

第3幕はグランド・レビュー「Etoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)」。
作・演出は藤井大介。

宝塚歌劇星組 舞踊ファンタジー「宝塚ジャポニズム ~序破急~」、ミュージカル「怪盗楚留香外伝 -花盗人-」、グランド・レビュー「Etoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)」は、
2013年3月8日から14日に中日劇場、4月6日から14日に台湾・国立中正文化中心 台北国家戯劇院で上演。
チケットは、愛知公演がA席7,500円、B席6,000円(税込)で1月19日発売。
台湾公演がSS席4,500台湾ドル、S席3,800台湾ドル、A席3,200台湾ドル、B席2,500台湾ドル、C席1,800台湾ドル、D席1,200台湾ドルで11月5日発売。

宝塚歌劇団台湾公演 ツアーパンフレット

宝塚歌劇星組「宝塚ジャポニズム -序破急-」「めぐり会いは再び 2nd~Star Bride」「Etoile de TAKARAZUKA」
日程:2012/11/16〜12/15 宝塚大劇場(兵庫)
   2013/1/2〜2/10 東京宝塚劇場(東京)
出演:柚希礼音/夢咲ねね/紅ゆずる/真風涼帆/十輝いりす/万里柚美/美稀千種/松本悠里/英真なおき
チケット:[兵庫][東京]
CD:1/31発売:『Etoile de TAKARAZUKA』星組宝塚大劇場公演ライブCD
DVD:2/8発売:宝塚ジャポニズム~序破急~/めぐり会いは再び 2nd/Etoile de TAKARAZUKA [宝塚アン][DVD]

宝塚歌劇星組「宝塚ジャポニズム ~序破急~」「怪盗楚留香外伝 -花盗人-」「Etoile de TAKARAZUKA」
日程:2013/3/8〜3/14 中日劇場(愛知)
   2013/4/6〜4/14 国立中正文化中心 台北国家戯劇院(台湾)
演出・脚本:植田紳爾/小柳奈穂子/藤井大介
出演:柚希礼音/夢咲ねね
チケット:[愛知]
写真集:6/10発売:宝塚歌劇星組台湾公演写真集 TAKARAZUKA REVUE in TAIWAN

DVD:7/5発売:TAKARAZUKA in TAIWAN 2013 Stage & Document [宝塚アン][DVD]

※追記:
阪急交通社が「宝塚歌劇台湾公演オフィシャル観劇ツアー」を11月19日より発売します。
設定期間:2013年4月5日(金)~4月11日(木)出発
旅行代金:107,000円~182,000円(おひとり様2名1室)
発着地:羽田空港 / 関西空港
最少催行人数:各コース・各発着地 30人
[阪急交通 | 宝塚歌劇ツアー]


※追記:
「Etoile de TAKARAZUKA」画像 WOWOW
(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

2013年4月14日に上演された台湾公演の千秋楽公演より、グランド・レビュー「Etoile de TAKARAZUKA」の模様がWOWOWで放送されます。
2014年10月25日18時よりWOWOWライブで放送。

関連する演劇・ミュージカルニュース

「宝塚歌劇が台湾公演 星組「怪盗楚留香外伝 -花盗人-」」奥付

  • Posted : 2012年10月22日 18:01
  • Tag : /
  • Prev : « 「ホテル マジェスティック」玉木宏主演
  • Next : ミュージカル「恋と音楽」 »
  • Category : 宝塚 | 演劇ニュース | シアターリーグ