広告

2011年11月17日

■パルコ・プロデュース「テキサス−TEXAS−」

長塚圭史の「テキサス」が、河原雅彦の演出、星野源・木南晴夏・野波麻帆・岡田義徳などの出演で2012年3月に上演されます。

「テキサス」は、"HIGHLEG without JESUS/長塚JESUS"と銘打ち、
河原雅彦率いる「HIGHLEG JESUS」俳優陣総出演で、長塚圭史の作・演出で、2001年に初演された作品。
2002年5月には、フジテレビ「演技者。」でドラマ化もされています。

この長塚圭史初期の意欲作にして問題作「テキサス - TEXAS」が、
河原雅彦の演出、PARCO PRODUCEとして11年ぶりに上演されます。
キャストは、初演で岸潤一郎、ドラマで三宅健が演じた遠藤マサル役を、大人計画所属でインストゥルメンタルバンドSAKEROCKの星野源。
初演で小林愛、ドラマで山田麻衣子が演じた伶菜役を木南晴夏、
初演で中坪由起子、ドラマで芳本美代子が演じた遠藤聖子役を野波麻帆、
初演で中山祐一朗、ドラマで岡田准一が演じた四ツ星役を岡田義徳、
その他、福田転球、政岡泰志、伊達暁、吉本菜穂子、山岸門人、河原雅彦、高橋和也、松澤一之が出演。

パルコ・プロデュース「テキサス」は、2012年3月中旬に東京・PARCO劇場、4月中旬に大阪・シアタードラマシティで上演。
チケットは、2012年1月下旬発売開始予定。


※2011/12/1追記
東京公演は、2012年3月17日から4月8日にPARCO劇場で上演。
チケットは、全席指定7,350円、U-25チケット5,000円(ぴあのみ取扱)で1月28日発売。

※2012/1/12追記
大阪公演は、4月14日から15日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。チケットはS席7,000円、A席5,000円で1月29日発売。
愛知公演は、4月17日から18日に名鉄ホールで上演。チケットは全席指定7,500円で1月28日発売。

※2012/2/27追記
大阪公演、4月14日14時の追加公演が決まりました。チケットは3月4日発売。ぴあでは27日より先行先着プリセール。

「テキサス」画像

パルコ・プロデュース「テキサス」
日程:2012/3/17〜4/8 PARCO劇場(東京)
   2012/4/14〜4/15 シアタードラマシティ(大阪)
   2012/4/17〜4/18 名鉄ホール(愛知)
演出:河原雅彦
脚本:長塚圭史
出演:星野源/木南晴夏/野波麻帆/岡田義徳/福田転球/政岡泰志/伊達暁/吉本菜穂子/山岸門人/河原雅彦/高橋和也/松澤一之
チケット:[東京][大阪][愛知]
DVD:6/10発売:テキサス [DVD][パルコ劇場オンラインショップ]
DVD:6/10発売:テキサス [DVD][Amazon]

あらすじ
「笑えねえよ! めちゃくちゃヘビーな現実だよ!」
6年ぶりに帰ってきた故郷は何もかもが違っていた――。
東京から遥か遠く離れた田舎町。
生活臭の漂う日本風の部屋には、造りの空気とは明らかに異なる
ウエスタン調の置物や絵画、壁掛けなどが飾られている。
ある日の夕暮れ、都会的で洒落た装いの男女ふたりが入ってくる。
男の名は遠藤マサル(星野源)。
訳ありげな大きな風呂敷包みを大事そうに持ち、
彼女である伶菜(木南晴夏)を連れて、6年ぶりに実家へ帰ってきたのだ。
家にいるはずの姉、遠藤聖子(野波麻帆)を探すも、姿が見当たらない。
隣の部屋から出てきたのはマサルの同級生、沼田(政岡泰志)と見知らぬ女。
見知らぬ女は、自分はマサルの姉、聖子だと言い張る。
次々と現れる友人・知人(長内/松澤一之・矢野/山岸門人・牛沢/福田転球)であるはずの
ほとんどが見たこともない顔だった。
半年前に東京からやってきた比呂島先生の影響で、村では整形が流行しているらしい。
そんなおかしな状況を訝しがるも、マサルは帰省の目的を果たすことだけに集中する。
マサルの目的は町伝統の闘鶏で勝ち、町の男になること。
しかし、「町一番の大きな形のいい卵を産む鶏を所有する」というルールから、
「どちらかが死ぬまで闘う」というルールに変わっていた。
町で最も強い鶏を所有する男、川島(高橋和也)によって自慢の鶏が殺られ、
身ぐるみ剥がされた上に伶菜まで連れて行かれ、落胆しているマサルのもとに、
東京から借金取りの四ツ星(岡田義徳)が追い掛けてきた。
マサルの帰りを待ち続けていた千鶴子(吉本菜穂子)とマサルの幼馴染である満彦(伊達 暁)、
田舎町に居つく四ツ星を東京から訪ねてきた不穏な空気を持つ桂(河原雅彦)、
一癖も二癖もある人々が、マサルの周囲に集まってくる。
すでに狂い始めていた静かな田舎町が、大きな音を立てて崩れていく......。

「テキサス−TEXAS−」舞台写真1 「テキサス−TEXAS−」舞台写真2 「テキサス−TEXAS−」舞台写真3 「テキサス−TEXAS−」舞台写真4 

※2012/3/16追記:コメント
長塚圭史(作)
11年前のあの『テキサス』が幕を開けるというのがいまだに信じられません。大掛かりな嘘なんじゃないかとも思うのです。
本当だとすると、河原さんの手によってあの嘘みたいな荒唐無稽が炸裂してくれるのではないかと。楽しみです。
河原雅彦(演出)
荒々しい青春時代に長塚圭史君とコラボしたこの思い入れ深い作品を、魅力的なキャスト陣とともにさらに荒々しく再演することが出来て感無量であります。
のほほんとした日本のどこかの片田舎が舞台なのに、全編漂うヒリヒリとした危険な空気はまごうことなきウエスタン風味。  
2012年版NEWテキサス、今回もかなーりキテます。乞うご期待!  
星野源(主演)
ものすごく奇妙なお話ですが、何も考えずに楽しんでいただけると思います。
笑ったり怖がったり面白く過ごしていただければ幸いです。2時間出ずっぱりなので、うんこ漏らさないかだけが心配です。

※追記:アフタートークショー
3/29 19:00 河原雅彦/長塚圭史
3/31 19:00 星野源/木南晴夏/野波麻帆
4/04 14:00 星野源/岡田義徳/高橋和也
4/04 19:00 河原雅彦/木南晴夏/野波麻帆
MC:金田明子


HIGHLEG without JESUS/長塚JESUS「テキサス」
日程:2001/7/4〜7/11 駅前劇場(東京)
   2001/7/25〜7/29 扇町ミュージアムスクエア(大阪)
演出・脚本:長塚圭史
出演:岸潤一郎/小林愛/中坪由起子/政岡泰志/今奈良孝行/山田伊久麿/小林一英/新井友香/伊達暁/リン・ホブディ/小田井孝夫・河原雅彦/中山祐一朗/長塚圭史

演技者。「TEXAS」
放送:2002/5/21〜 フジテレビ
演出:大根仁
脚本:羽原大介
原作:長塚圭史
出演:三宅健/岡田准一/山田麻衣子/芳本美代子/森下能幸/大川浩樹/伊達暁/新井友香/富岡晃一郎/森本訓央/エレナ・アルツニャン/我修院達也
DVD:演技者。 1stシリーズ Vol.2 (通常版)

※2017/8/24追記:
WOWOWでの放送が発表されました。
2017年9月2日15時よりWOWOWライブにて放送。

WOWOW

関連する演劇・ミュージカルニュース

「パルコ・プロデュース「テキサス−TEXAS−」」奥付

  • Posted : 2011年11月17日 14:46
  • Tag : / / /
  • Prev : « ドラマ「ステップファザー・ステップ」上川隆也主演
  • Next : cube neXt「押忍!!ふんどし部!」再演 »
  • Category : 演劇公演 | 演劇ニュース | シアターリーグ